FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2018夏、無事終了にあたり…

ボランティアスタッフ各位

 おいでん福島っ子2018へ貴重な時間を割いてボランティアスタッフ参加していただきありがとうございました。
 門谷で皆さんとお別れしてからは、親御さんが待つ郡山駅まで予定通り無事に送り届けることができました。
 それを見届けることで、今回のおいでん福島っ子も終了となりました。

 郡山駅では、親御さんの元へ嬉しそうに駆け寄っていく子、久しぶりの再会のためか少し照れている子、中には「現実に戻ってしまった~」とテンションの低い子もいましたが、みんな安心した表情をしているように感じられました。
まだ子どもたちからの感想はとどいてはおりませんが、帰りの新幹線の中では、「楽しかった」「また行きたい」「このまま戻りたい」といった声が聞けました。
 とても嬉しかったですし、子どもたちにとって、あの場所がとても居心地の良い場所だったのだと思いました。
 これも、準備から片付けまで、スタッフの皆さんが心を込めて作ってくれた環境のおかげだと思います。
 皆さんの気持ちは、子ども達やそのご家族にも伝わっております。

 様々な関わり方で、あたたかい気持ちでご参加いただき感謝しております。

おいでん!福島っ子!運営委員会
代表/田中 健太郎


-----



 みなさま!本当にありがとうございました。
 代表と事務局次長の2人がその日の午後4時頃、新幹線郡山駅で親御さんに子どもたちをお渡ししました。
 7回目の8泊9日間、さまざまな箇所で“福島っ子”に係わって頂き感謝します。
 全日程を費やした方、忙しい中、一日を何とか作り駆けつけて頂いた方、7年目迎えた福島っ子ですがみなさんの熱い想いが門谷の一点にあつまり作り上げることができました。
 期間中、今年で最後ですかという質問を多くの方に問われました。
 いつも曖昧なお答えすることしかできず大変申し訳ないと思っています。この規模でこのまま福島っ子を続けて行くことは中心で担っているメンバーに過大な負担をかけ続けることになります。
 今後の展望も示さず「一旦中止」という判断は無責任に聞こえることと思われます。様々な意見や提案はあることでしょう。8月が残務整理、9月にごくろうさま会、その後、みなさんの意見を集約できるようにしていきたいと考えています。
 
 門谷区のみなさんをはじめ多くお方々にご協力を頂きました。新城市、JA愛知東、「くらしと生協」ふくしま・子ども子育て応援助成、コープあいち新城センター、生活クラブ生協、田口高校ボランティア部、新城高校ボランティア部、黄柳野高校、大海自動車、株式会社寺部食品、新城旬のひろば、その他多くの団体と個人のみささまに心から感謝申し上げます。

おいでん!福島っ子!運営委員会
事務局長/長谷川 喜一



<期間中の子ども達の様子>

 おいでん!福島っ子!最後の夏も、8泊9日の期間中、子ども達が楽しく、のんびり、そして美味しいご飯で過ごしている様子を保護者の方宛にSNSでお届けして参りました。
 現場はネット環境が無いため、今年も高校生スタッフが「広報担当」を担い、Instagramと、それに連携させたTwitterの2つで子ども達の日々の様子を配信いたしました。

今夏も、お母さんたちから、直接コメントで、または事務局携帯へ、感謝の言葉や、我が子へのツッコミも沢山頂きました^^。

宜しければ、子ども達の元気な日々をのぞいてみてください。

instagram
メイン更新担当:にしだ めい
twitter
サポート更新担当:土方 希紗



事務局より

今夏は8/7(火)の午後にとんでもなく土砂降りにあい、台風も向かってきているということで、後半を諦めかけたのですが、なんと、予報は大幅にずれて台風はそのまま東へ、しかも親御さんたちのいる福島も大きな被害はなかったとのこと!門谷の神様は子どもたちが大好きッ!奇跡を感じてしまった夏でしたッ☆

さて、期間中スタッフとして様々な作業をサポート頂いたみなさまへ事務局からのお願いです。

<お願い - その1 ->
今夏も例年通りに報告書をまとめます。
昨年度からボランティアスタッフの皆様に感想などご意見をお寄せいただき掲載させていただきました。今年も丸1ページ、スタッフの皆様の感想コーナーを設けたいと思っております。
フリーフォーマットでかまいません、文章は編集させていただき、匿名で「声」として紹介させていただきます。
良かったこと、悪かったことなど含め、忌憚ないご意見をお寄せいただけますでしょうか。
一旦、私たちの活動は「休止」となりますが、頂いたご意見は広く、他団体の方にとっても参考になるのではないかと考えております。

ご協力のほどよろしくお願いいたします。

送信先 → oiden_fksmk@yahoo.co.jp


<お願い - その2 ->
スタッフでご参加頂いた方のなかに、子ども達の写真を記録として撮影くださった方がいらっしゃいます。
現地でデータ提出頂いた方、既にメールにてお送り頂いた方は本当にご協力ありがとうございました!
お子さんのお顔の写った写真を、ご自身のSNSへの投稿頂くことは固くお断りしてきましたが、記録用の写真は様々な視点からのものが全体の雰囲気が伝わるのでとても有難いです。
スマホで撮影いただいたものを共有いただけるととても助かります。お手数ですが、まだご提供いただけていない写真をお持ちの方はどうぞご協力の程よろしくお願い申し上げます。

送信先 → oiden_fksmk@yahoo.co.jp


以上です。

おいでん!福島っ子!運営委員会
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://oidenfksmk.blog.fc2.com/tb.php/100-5e60fa4f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

«  | ホーム |  »

事務局より

おいでん!福島っ子事務局

Author:おいでん!福島っ子事務局
お問合せはコチラまで。

カレンダー

11 | 2018/12 | 01
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

最新記事

最新コメント

カテゴリ

~2012夏~ (3)
おいでん!福島っ子!とは (1)
~2013夏~ (25)
ごあいさつ (1)
~2014夏~ (21)
~2015夏~ (18)
~2016夏~ (9)
寄付・サポート募集 (1)
~2017夏~ (12)
~2018夏~ (6)
2018ボランティア募集 (2)

検索フォーム

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSリンクの表示

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。